愛育病院


予防接種のご案内

▼現在のページ:トップページ > 予防接種のご案内 > 小児の予防接種

小児科予防接種(ワクチン)外来について

実施曜日/時間帯、準備するもの

小児科外来では、下記の要項で予防接種(ワクチン外来)の時間を設けています。原則、予約制となっております。予約当日の接種には対応できない事もありますのでご留意ください。

接種日・時間 月・火・木・金 : 13時〜14時
・・・・・・ : 13時〜17時
ご予約の方法 ・電話にて、または当院にお越しの際に直接お申し込み下さい。
・予約に際しては、診療時間内に電話をおかけくださるようお願いいたします。
・予約の際、お手元に母子手帳など接種記録がわかるものをご用意いただけますと便利です。
持参するもの 母子手帳 ・予診票(お持ちの方)
その他 接種にあたっては、体温・既往歴などの予診を行います(あらかじめ体温を測っておいてください。37.5℃以上の場合は接種できません)。
予診結果によっては接種不適当と判断される場合がございますので予めご了承ください。

 

診療科のご案内「小児科」のページへ

ワクチンのスケジュールについて  (ワクチンデビューは、生後2か月 が強く勧められます)

1.スケジュール作成のおてつだい: 当院のワクチン外来では、当日の接種を行う一方で、今後のワクチンスケジュールを立てるお手伝いをさせていただいております 。ワクチンに関する疑問などありましたら、お伺いください。

2. 同時接種について: 必要な免疫をより早く確実につけるために、同時接種は有用な方法です。実際のすすめ方 (同時または単独)については、医師と相談しながらすすめていく事が可能です。

3. 予防接種どうしの間隔について: 予防接種のワクチンは2種類(不活化ワクチン・生ワクチン)があり、他の予防接種を受ける際には、下表の一定期間をあける必要があります。お子様の体調をみながら計画的に接種を受けましょう。

不活化ワクチン ■他の予防接種を受ける場合、6日間の間隔をあけること
ヒブ・肺炎球菌・B型肝炎・四種混合(DPT-IPV)・日本脳炎・インフルエンザ・二種混合(DT)・ヒトパピローマウィルス (HPV)
生ワクチン ■他の予防接種を受ける場合、27日間の間隔をあけること
ロタウィルス・BCG・麻しん 風しん混合・水痘・流行性耳下腺炎

BCGは、各区保健センターで実施します (対象年齢は、生後1歳に至るまで。標準的には、生後5か月〜8か月に至るまで)。市では、生後5か月に接種できるよう日程が案内されます。

当院で接種可能なワクチン

ヒブ (インフルエンザ菌b型)、肺炎球菌 (PCV7)、B型肝炎、ロタウィルス、四種混合 (DPT-IPV)、麻しん 風しん (MR)、水ぼうそう (水痘)、おたふくかぜ (流行性耳下腺炎)、日本脳炎、インフルエンザ、DT 二種、ヒトパピローマウィルス (子宮頸がん)

上記以外のワクチンについてはご相談ください。

ヒブ (インフルエンザ菌b型)ワクチン  【定期接種】
対象年齢 生後2か月〜5歳に至るまで
接種回数 ※年齢により異なります。
生後2か月から計4回が強く推奨されます。
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料
上記以外の方 : 1回につき 7,560円

生後2〜6か月では、3回接種(4〜8週間隔)し、3回目から7〜13か月あけて1回追加。生後7〜11か月では、2回接種(4〜8週間隔)し、2回目から7〜13か月経って1回追加。1歳以上で開始の場合は、1回のみ。

肺炎球菌(PCV13) ワクチン  【定期接種】
対象年齢 生後2か月〜5歳に至るまで
接種回数 ※年齢により異なります。
生後2か月から計4回が強く推奨されます。
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料
上記以外の方 : 1回につき 9,977円

平成25年11月より、13価のワクチン(PCV13)に切り替わりました。従来のPCV7の接種が終了した方も最終接種から2か月あけて、PCV13を接種することが可能です。(補助的追加接種で自費となります)

生後2〜6か月では、3回接種(27日以上の間隔)し、3回目から60日以上あけて12〜15か月齢時に追加。生後7〜11か月では、2回接種後、2回目から60日以上あけ1歳以降に追加。1歳〜1歳11か月では2回接種。2〜4歳では、1回のみ。

B型肝炎ワクチン 【定期接種】

2016年4月以降に生まれた方は定期接種です。

対象年齢 生後2か月以降、1歳まで (2016年4月以降に生まれた方)
接種回数 3回 (初回、1か月後、初回から5〜6か月後)
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料
上記以外の方 : 1回につき 4.320円

 

ロタウィルスワクチン( ロタリックス) 【任意接種】
対象年齢 生後6週から24週まで (生後8週〜15週未満を推奨)
接種回数 2回(4週間以上の間隔をあける)
方法 経口
費用 1回につき 12,960円

生後24週までに2回接種を終了することが大切です。なるべく早期に開始しましょう。

ロタテック(接種回数:3回、1回につき8,900円)も選択可能です。

四種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ) 【定期接種】
対象年齢 生後3か月〜90か月に至るまで
標準的接種年齢
/接種回数

1期:生後3か月〜12か月/接種回数:3回(3〜8週間あける)
1期追加:3回目終了後12〜18か月あけて/接種回数:1回
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料
上記以外の方 :1回につき11,725円

 

麻しん 風しん混合(MR)ワクチン 【定期接種】
対象年齢
/接種回数
第1期:1歳/接種回数:1回
第2期:小学校入学前1年間(入学前年度の4月1日〜3月31日)/接種回数:1回
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料

水ぼうそう(水痘)ワクチン 【定期接種】
対象年齢 生後12か月〜36か月に至るまで
接種回数 2回(3か月以上あける)
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料
上記以外の方 :6,480円

生後36か月までのお子さまで、水痘ワクチンを1回接種済みの方は、残りの1回を定期接種として受けることができます。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)ワクチン 【任意接種】
対象年齢 1歳〜
接種回数 1回
方法 皮下注
費用 4,644円

日本小児科学会では、予防効果を確実にするために2回接種を勧めています。1回目は1歳を過ぎたら早期に接種、2回目は麻疹風しんワクチンの第2期と同時期での接種を勧めています。

日本脳炎ワクチン 【定期接種】
標準的接種年齢
/接種回数
第1期 :3歳/接種回数:2回(6〜28日あける)
1期追加 :2回目終了後、12か月あけて/接種回数:1回
第2期 : 9歳〜12歳11か月/接種回数:1回
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料
上記以外の方:1回につき 6,480円

平成28年4月より、北海道でも定期接種の対象となりました。

対象は以下のとおりです。生年月日によりスケジュールの組み方に工夫が必要です。
@【通常接種】生年月日が、平成21年10月2日以降の方:上表の標準的なスケジュールで接種(流行地域に滞在する場合、生後6か月から接種可能)。
A【特別接種1】生年月日が、平成19年4月2日〜平成21年10月1日の方:13歳未満のうちに適切な間隔で第1期3回、第2期1回の接種。
B【特別接種2】生年月日が、平成8年4月2日〜平成19年4月1日の方:20歳未満のうちに適切な間隔でできるだけ接種。

インフルエンザワクチン(小児) 【任意接種】
対象年齢
〜3歳未満
3歳以上〜13歳未満
13歳以上〜中学3年生
接種回数
2回 (2〜4週間あける)
2回(2〜4週間あける)
1回
費用
1回目:2,210円
2回目:2,210円
1回目:2,750円
2回目:2,210円
2,970円
方法 皮下注
開始日 ※2017年10月2日から予約を開始しています。(現在、全国的なワクチン供給不足のため、予約調整をさせていただく事がありますのでご了承ください。)

※一般成人の接種は、暫くお待ちください。開始日は決定次第(11月第3週頃に)お知らせいたします。


DT 二種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風) 【定期接種】
対象年齢 11・12歳(第2期)
接種回数 1回
方法 皮下注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料

ヒトパピローマウィルスワクチン (子宮頸がん) 【定期接種】
対象年齢 小学6年〜高校1年の女子
接種回数 半年間に3回
サーバリクス(2価): 1か月の間隔をあけて2回接種後、初回から6か月をあけて追加
ガーダシル(4価): 2か月の間隔をあけて2回接種後、初回から6か月あけて追加
方法 筋注
費用 札幌市民で対象年齢の方 : 無料
上記以外の方 : 1回につき 15,120円

予約をする場合は、ガーダシルかサーバリックスのどちらかを選ぶことができます(3回全て同じワクチンである必要があります)。

2013年6月より、国の積極的勧奨が一時中止となっています。一方で本ワクチンの定期接種の位置づけはかわりません。今後の動向については現在も専門委員会が検討継続しています。方向性が定まるまでお待ちいただくのも一法です。


↑ このページのトップへ