愛育病院


診療科のご案内

▼現在のページ:トップページ > 診療科・部門のご案内 > 外科 > 胃粘膜下腫瘍の手術

胃粘膜下腫瘍の手術

胃粘膜下腫瘍とは

胃粘膜下腫瘍とは、胃の粘膜層よりも深い層の胃壁内から発生した病気です。胃の粘膜面は正常ですので、胃カメラで見た場合、表面は平滑なことが多く、内腔に突出したように見える事がほとんどです(図11)。大きさが大きくなると、くぼみや潰瘍が生じる場合もあり、出血から下血(黒色便)を来たす場合もあります(図12)。

fig11.胃粘膜下腫瘍(図11) 拡大して見る
fig12.胃粘膜下腫瘍(図12) 拡大して見る


胃GIST

がんが進行し、周囲の臓器にまで浸潤し切除不可能な場合や、遠隔転移(血液にのって肝臓や肺に転移)がある場合は、切除しても切除しなくても予後は変わらない事が示されており、抗がん剤治療が中心となります。

治療方針

生検検査でGISTの診断が付いた場合は外科的切除となりますが、サイズが小さい場合は生検検査を行っても確定診断をつけることが難しく、さらに悪性の可能性も低いため、経過観察となる場合がほとんどです。ガイドラインでは2cm未満の場合は経過観察し、「サイズが増大してくる」「悪性を疑う所見(潰瘍,辺縁不整など)がある」「5cm以上」などの要素が見られた場合は、手術を考慮するなどの細かい治療方針が提言されております。当院も、ガイドラインに従い、胃粘膜下腫瘍の治療を行っております(図13)。

fig13.胃粘膜下腫瘍の治療方針(図13) 拡大して見る

術式の選択
 

胃がんの場合は周囲リンパ節への転移の可能性を考え、周囲のリンパ節を含む半分以上の胃を切除しなければなりませんが、胃GISTの場合、リンパ節転移の可能性は極めて低いため、病変を含む胃を切除する(局所切除)だけで治療が完了します。そのため、腹腔鏡手術の良い適応となります。


診療実績(下記の疾患の手術に強みがあります)


  ■胃がんの手術/■胃粘膜下腫瘍の手術 /■胃潰瘍・十二指腸潰瘍穿孔の手術
  ■大腸がんの手術■胆石症・胆嚢炎の手術 ■膵がんの手術■胆道がんの手術
  ■肝がんの手術■鼠径ヘルニアの手術■痔核の手術

  外科TOP

↑ このページのトップへ